ブリーダー直販って何?

ダックスフンドの子犬専門ペットショップWanko-net
メール
ダックスフンドの販売システムについて ダックス子犬お探しサービス ダックスフンドの子犬出産情報
ダックスフンドの子犬専門店TOP>ブリーダー直販って何?! ブリーダー・犬舎紹介サイトマップ特定商取引法表記
ペットショップから子犬がいなくなる?
 

ペットショップとブリーダー直販。。。どちらが安心???

 

皆さんは、動物先進国である欧米では、ほとんどのペットショップに子犬が陳列されていないのをご存知でしょうか?動物愛護の観点からの厳しい法規制によって、そのような状態になっているのです。

では、何故ペットショップでの子犬の陳列販売が、動物愛護の精神に反するのか?
答えは、ペットショップで陳列販売のするための子犬の流通経路が、子犬や飼い主にとって
2つの大きなマイナス要因をもっているからです。

一つ目は、免疫力のない時期に、流通過程で沢山の子犬と接する事により、感染症を発症する確率があがること。→結果として、高額な治療費の発生や死亡を招く。

二つ目は、子犬にとって一番大切な社会化期を母犬や兄弟犬と暮らせないこと。また、人目にさらされた狭い陳列ケースの中で、強いストレスを感じて過ごすこと。
→結果として、しつけがしにくい子に育ち、飼い主の飼育放棄を招く。

では、生まれたばかりの子犬がどんな経路をたどって、飼い主さんの元へやって来るのか、ここでちょっとご説明いたします。

 
陳列販売ペットショップの場合
 
ブリーダー紹介型ポータルサイトの場合
 
先ず最初に、感染症の問題です。

上記の流れ図をご覧いただくとわかるように、ペットショップから子犬購入する場合は、ペットショップ以外にも様々な中間業者が存在します。

競り市やブローカーを介する事が主流で、ブリーダーから直接ペットショップへ譲渡されているケースの方が稀なのです。
競り市や卸店(ブローカー)などには、色々なブリーダー(中には悪質ブリーダーも)から大量の子犬が持ち込まれます。ある大規模競り市では、一日に300頭〜400頭が取引されるそうです。

その中に、もし感染症にかかっている子犬がいたら...。

当然、子犬達はワクチンも接種しておらず、全く無防備の状態の可能性が高いです。
もう答えはお解かりですね。 ワクチンも未だ効かない時期の子犬を、集めて接触させる!と言うこと自体が大変危険なことなのです。

感染症には潜伏期間があって、菌を保有したまま、まだ発症していない事があります。ですから仕入れた時は元気でも、ペットショップ内で、または飼い主さんにお渡し後に発症する事もあります。

感染症を持っていることが解らずに仕入れてしまった子犬がたった1頭でもいたら。。。
ペットショップの他の子犬にも感染する可能性が高く、子犬達が次々と亡くなっていく姿を目の当りにする事になります。本当に恐ろしい限りです。

一方ブリーダー直販では、お客様にお迎えいただく直前まで、しっかりと無菌に保たれた犬舎で、親・兄妹と一緒に暮らしているのですから、感染症のリスクは極めて低いと言えます。

感染症についてはブリーダー直販が、はるかに安心と言えるでしょう。


次に、子犬の社会化期を無視した、早期の流通の問題です。

ペットショップで販売される場合は、その多くは競り市(オークション)を経由しており、しかも、売れ残りを防ぐために 生後60日未満で店頭に陳列される割合が80%にまで及んでいます。
と言う事は、ほとんどの子犬が、生後50日程で親兄妹と引き離されているという事なります。

子犬にとって犬との付き合いや、人間との関わりを学ぶ「社会化期(生後3週〜8週)」という大切な期間があります。
親犬から母乳をもらい、兄弟犬と遊ぶことにより、犬との付き合いを学び、ブリーダーさんから人間に慣れることを覚える、大切な自然学習期間です。

この大切な期間を親兄妹と過ごせず、ストレスの掛かるショーウィンドウで暮らす事により、しつけしづらい(「問題行動」を起こしがちな)子になり、捨て犬を生む要因にもなります。

反面ブリーダー直販では、お迎え当日まで親・兄妹と一緒に、しっかりと社会化期を過ごした、心身共に健康なワンちゃんをお迎えいただく事ができます。お迎え時期の理想は生後56日以降となります。

子犬の心身の状態についても、ブリーダー直販の方が、はるかに安心と言えるでしょう。

このように、ペットショップでの子犬の陳列販売は、子犬たちにとって何一つ良いことが無いばかりか、最悪のケースでは子犬の命を奪い、さらには、飼い主の皆さんに悲しみや苦しみを与えてしまうことにも、なりかねない仕組みなのです。

日本でも、動物愛護改正が進められていますが、一日も早く欧米並みに整備され、陳列販売が無くなる事を切に願っております。

 
そんなに危険な仕組みなら...

ペットショップでは子犬を買わない方が良いですね?と聞きたくなりますね。

答えはNoです。
ペットショップによっては、素晴らしいモラルをもって、優良ブリーダーのみと取引をされていたり、オークションで仕入れたばかりの子犬については、7日ほど隔離し潜伏期間が切れて問題がないと判った時に店頭に陳列するなどで、感染症のリスクの軽減を図っているところもあります。
そして展示についても、時間を限って行い、子犬のストレスに配慮しているところもあります。
ブリーダー直販、ペット通販であっても、モラルの無いところは、安全とは言えません。

一体どうすればいいのですか?

答えは、皆さんが「ペットショップ・ペット通販・ブリーダー」の質を見極める力をつけられる事です。そんなに難しい事ではありません!何故なら、「犬の目利き」になる事より、「お店の目利き」なる事のほうがよっぽど簡単だからです。


「お店の目利き」になりたい方必見!→悪質業者の見分け方はこれだ!をご覧ください。
 
 
子犬お探しサービス
 
 
パピーネット子犬販売システム利用店
子犬出産情報
ミニチュアダックス・ロング
ミニチュアダックス・スムース
カニンヘンダックス・ロング
ダックスの交配受付ご案内
無料子犬お探しサービス
ダックスまるわかり
ダックスの特徴・種類・毛色
ダックスの性格・表情・行動
ダックスの飼い方(お手入れ)
ダックスの病気・健康チェック
ダックスフンドのしつけ
ダックスフンドの病気
ダックスの椎間板ヘルニア他
ダックスの先天性疾患他
ダックスのけがの応急処置
ダックスフンドの交配について
ペット通販は危険?
ブリーダー直販って何?!
悪質業者の見分け方は?!
システムについて
よくあるご質問
安心の生体保証
子犬購入までのステップ
お支払い方法について
子犬のお届け方法
万全のサポート体制
法を遵守した子犬販売契約
ダックスしか扱わない理由

アイペット・ペット保険について
子犬を迎える前に!
子犬用品準備はどうする?
最初が肝心!子犬が来たら...
子犬の食事と健康管理
子犬のしつけの基本
当店について
動物取扱業登録番号
運営者概要
特定商取引法表記
生体販売についての思い
お約束とお客様へのお願い
個人情報の取り扱い
お問い合わせ
リンク集・相互リンクについて
 
| サイトマップ | 特定商取引法表記 | 子犬出産情報 | 無料子犬お探しサービス | ミニチュアダックス子犬販売 |
ダックスフンドブリーダー匂梅健司公式サイト ダックスフンド専門店ワンコネット
ダックスフンドブリーダーの子犬販売|ワンコネット
ダックスの子犬専門ペットショップWanko-net(わんこネ!)
Copyright(C) ダックスフンド ブリーダーの子犬販売 Wanko-net All Rights Reserved